サイトマップ RSS

マイルス・デイヴィスをグルーヴな日本語にする 菊地成孔と大谷能生の大胆なアフォーダンス 松岡正剛 (1/5ページ)

2013.12.9 20:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 それまで『墓に唾をかけろ』の映画音楽が一番だと思っていた頃のぼくが、ルイ・マルの『死刑台のエレベーター』を見たとき、その音に仰天した。マイルス・デイヴィスの即興演奏だと知って、それからはおそるおそるこの異能を追うことになった。『カインド・オブ・ブルー』から『クールの誕生』へ。

 菊地成孔と大谷能生が共著した『憂鬱と官能を教えた学校』という、ぶっとんだ本がある。2002年5月から12回36時間のナマ演奏含みの講義をまとめたものだ。一応は「バークリー・メソッドによって俯瞰(ふかん)される20世紀商業音楽史」というサブタイトルが付いてはいるが、そんなものじゃない。空前絶後の奔放な音楽講義になっている。

 この『憂鬱と官能』が2004年に本になったころ、菊地・大谷は東大教養学部のジャズ講義を担当した。大胆にアルバート・アイラーをフィーチャーした講義を3期にわたって続け、翌年に「マイルス・デイヴィス3世研究」に転じた。その直後、NHK京都の上野智男が菊地をNHK教育に引っ張り出してマイルスを語らせた。ぼくはこれを見て瞠目(どうもく)した。ぼくは上野君に言った、こいつはいいね。東大講義は『M/D』という本になった。

マイルス・デイヴィス 高速の沈潜者で、才能の狩人

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ