フィリピンの災害対策、世銀が支援 復旧やリスク低減に590億円 (1/2ページ)

2016.1.15 07:25

台風の直撃に備えて避難した子供たち=フィリピン・ルソン島南部レガスピ(AP)

台風の直撃に備えて避難した子供たち=フィリピン・ルソン島南部レガスピ(AP)【拡大】

 フィリピンは、災害対策が経済成長の必要条件の一つとなりそうだ。同国政府は、世界銀行と災害対策に関する最大5億ドル(約590億円)の支援の約束を取り付けたほか、総額390億ペソ(約960億円)の災害リスク低減の基金を準備するなどしている。現地経済紙ビジネス・タイムズなどが報じた。

 世銀の支援は、当初期限を3年とし、災害時の復旧をはじめ、災害リスクの低減を図る投資計画や制度づくりに資金を融資する。最大15年までの期限延長が認められる。世銀はフィリピンを世界で災害に最も弱い新興国グループ(20カ国)に含まれるとみなし、自然災害が経済成長を阻みかねないとした。

 フィリピンは、とくに台風に弱く、2013年11月に発生した超大型台風30号(フィリピン名ヨランダ)では、死者6300人、行方不明者1000人超を数えた。経済損失も甚大で、同年の国内総生産(GDP)成長率は0.9%、翌年も0.3%、それぞれ押し下げられたという。この台風が原因で貧困層に転落した人々は230万人に達するともいわれている。

また、昨年12月にも大型台風27号(同ノナ)の直撃を受け…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。