3D印刷“個人メーカー”続々 家電も視野、数年内に量産化 (4/5ページ)

2014.7.21 08:00

主な3Dプリントサービス

主な3Dプリントサービス【拡大】

 ただ、普及に伴い課題も顕在化してきた。ネットから設計データをダウンロードし、実際に発射できる拳銃を3Dプリンターで造った事件が5月に発生。今月に入り、女性器を造形して出力できるデータを頒布したとして芸術家が逮捕される事件も起きた。

 こうした動きに、3Dプリンターを届け出制や登録制にして所持に規制をかけようという声が上がっている。また違法な物を作れないように制限するソフトウエアを作るなどの取り組みも出ている。

 しかし、国内で3Dプリンターの開発・生産を20年以上前から手がけるアスペクト(東京都稲城市)の早野誠治社長は「3Dプリンターでなくても拳銃は造ることができる。規制しても確信犯は防げない」と規制に否定的な考えを示す。

普及が進めば「著作権問題なども顕在化する可能性もある」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。