外食の食物アレルギー対策、正確な情報表示を 中途半端な対応で事故も (1/4ページ)

2015.3.15 07:15

 外食や持ち帰って食べる弁当などに含まれるアレルギー物質を表示したり、食物アレルギーに対応したメニューを提供する店が増えている。ただ、提供内容が正しいとは限らず、食べた人がアレルギーを起こす事故につながるケースもある。専門家は外食業界に対し、正しい理解に基づく表示や対応に加え、アレルギー対応の食品の持ち込みを認めるなど発想の転換を求めている。(平沢裕子)

 中途半端で事故

 「バイキング料理の成分表を見てアレルギー物質が入っていない料理を選んだが、成分表と内容が違う料理があった」(東京都内のホテル)「店側に乳、卵、小麦を使っていないパンであることを確認したが、実際は違った」(兵庫県内のホテル)

 どちらも食べた子供がアレルギーによるアナフィラキシーショックで病院搬送され、入院したケースだ。

 誤食の原因について、東京都内のホテルは「お皿やトングの使い方や従業員の手を介して食材の“混入”が起こることまで注意していなかった」、兵庫県内のホテルは「事前に宿泊客とアレルギー対応について打ち合わせをした担当者が当日休みで、情報が引き継がれていなかった」と説明している。

一歩間違えれば命を落としかねなかった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。