英EU離脱問題、国論二分で家族や親族に“亀裂” 和解や団結求める声 (1/2ページ)

2016.6.24 12:14

英サンダーランドで始まった国民投票の開票作業(ゲッティ)

英サンダーランドで始まった国民投票の開票作業(ゲッティ)【拡大】

 【ロンドン=岡部伸】英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票が23日実施され、国の将来を左右する「歴史的な機会」(英メディア)に有権者が1票を投じた。約10週間にわたり国論を二分した残留派と離脱派の論戦は、国民の間に亀裂を少なからず生じさせたとみられる。投票所に足を運んだ人からは、投票が終了したことで和解や団結を求める声が上がった。 

 「英国をより強く、より安全で、より良い暮らしが保てるよう投票してくれたすべての人に感謝したい」

 キャメロン首相は23日夜、フェイスブックにそう書き込み、自身が率いる保守党内からも多数の議員が「離脱支持」に回った苦しい戦いぶりをにじませた。

 一方、離脱派の英独立党(UKIP)のファラージュ党首は「(国民投票の勝敗にかかわらず)この戦いに勝利する。独立を取り戻す」と気勢を上げた。

 23日夜に始まった開票では、地域によって結果が割れ、首都ロンドンでは残留派が優勢となったが、中部バーミンガム近郊では離脱派が7割に迫る票を得た町も出た。金融市場では開票速報に反応し、英通貨ポンドが乱高下した。

「ロシアの伸長に対抗するにはEUに留まって他国と連帯すべき」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。